So-net無料ブログ作成

灼熱のおき火 [季節の彩]

 

夏の残り火 blog.jpg

 

 

 

 

お盆が過ぎれば、秋風が立ち、夏は往く。

そんな北海道の常識は、もはや、昔話なのだろうか。

8月も明日でオシマイという頃になって、最高気温は34℃超。

観測史上、前例のない記録的な猛暑となった。

 

心も身体も秋に向いている今になって

もう一回、8月を1日からやり直しますか…?

と、いわれているような暑さのリバウンドは、法外にこたえる。

 慣れない湿気を含んだ暑さに寒冷地仕様の脳味噌は、もはや制御不能だ。

 

 

 

秋彩混ぜ寿司 blog.jpg 

  

 

 天空の神様がさじ加減している、らしい季節の移ろいは

地上のオロオロ人の意のままにはならない。

しかし、食卓の、皿の上ならば、知恵を絞れば季節を先取りすることが可能だ。

 

写真上は、信楽焼・正祥窯さんのうつわモニターで提供していただいた

輪花焼締大皿に盛り付けた初秋の彩り混ぜ寿司。

寿司飯にアオマスの燻製の身をほぐしたもの、白ゴマを混ぜ込み、

錦糸玉子と枝豆、旬の走りのイクラをトッピング。初秋の趣を先取りした一品だ。

 

水止め加工がなされていない焼締めのうつわは、油染みや匂いがつきやすい。

寿司を盛る際には臭い移りと染みを防ぐため、たっぷりと水を含ませた後、葉蘭を敷いた。

葉蘭のみずみずしい緑は、焼締めの黒、寿司の彩りを引き立てる効果も。

ちょっとしたひと手間が、料理とうつわをより、美しく見せてくれるのだ。

 

 

 

丸茄子蕎麦味噌田楽 blog.jpg

 

   

混ぜ寿司と一緒に味わったのは、夏から秋が旬の丸茄子を使った田楽。

田楽味噌は、懇意にしている小樽の蕎麦店「藪半」の蕎麦味噌を使用した。

酒肴としてそのまま味わうのが正統派の食べ方だが、

蕎麦の実が香ばしい練り味噌は、初秋の田楽にもぴったりだ。

かりっ、こりっとした歯触りが、ねっとりとした食感の茄子と

口中で美味なるハーモニーを奏でる。

その余韻の向こうに、やがて来る新蕎麦の季節への期待も膨らんでいく。

   

 

ところで、長茄子に比べ、肉質が締まって硬い丸茄子を料理する際は、

一度素揚げするのがお約束、というのをご存知だろうか。

レンジで加熱する手軽な方法もあるが、それでは

丸茄子独特のみずみずしく、ねっとりとした食感を引き出すことはできない。

油を温める手間をいとわず、

本来の味わいをしっかり引き出した丸茄子の旨さは、格別。

 

秋茄子は嫁に食わすな。そういわれるほど、

季節が深まるほどに、茄子の味わいもまた輝きを増し、

メタボが気になるオトナサマを誘惑し続けることだろう。

 

*田楽を盛り付けたうつわは、札幌在住の陶芸家、蔦井乃理子さんの銀彩角皿。

前盛りには、これからが旬の道産食用ほうずきをあしらって。

 

 

 

 

 

 

 

おかひじきの真砂浸し blog.jpg 

 

 

こちら(上)は、おまけの一品。

混ぜ寿司、田楽と一緒に作った「オカヒジキと油揚げのお浸し」だ。

色よくゆでたオカヒジキとカリッと焼いた薄揚げをひと口大に切り、

吸い地よりも少し濃いめに味つけしたダシ醤油に浸し、冷やしてある。

盛り付けの仕上げには、とびっ子を少々、天盛りに。

 

しゃきしゃきとしたオカヒジキ、ダシの旨みをたっぷり吸った揚げ、

口中でプチプチ弾けるとびっ子。さもない京風babameshiだが、

変化のある口触りは、箸休めにぴったりだ。

小松菜とエノキダケ、水菜と本シメジなど季節ごとに素材を替えると、

1年中愉しむことができる副菜になる。

 

 

 

トップ写真は、これらの料理を作っている最中に

西のソラで繰り広げられていた夕陽ショーのようす。

料理も忙しい、でも、ソラは見る見る紅く染まる。

菜箸と一眼、交互に持ち替えながら、キッチンと西側のベランダを

往ったりきたりしていた。今年の8月はこの夕陽、

そして、昨日(30日)の記録的猛暑で締めくくられた感がある。

 

さて、明日から始まる9月はどんな毎日になることだろう。

収穫の季節にふさわしい、実り多い1ヶ月になるように、心から願うばかりだ。

 


nice!(64)  コメント(25) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 64

コメント 25

ひろころ

お料理とウツワの相性がどれもこれも抜群ですね!
さすがモリハナ家の食卓☆ 目にもウツクシイゴチソウだ(〃▽〃)
それにしても丸茄子の田楽おいしそー♡
蕎麦味噌? 蕎麦の実が入っているのですねー(・_・)φ

蝦夷の暑さ、今年はほんとに異常ですね(メ_-。)
本州並みの気温推移に驚くばかりです。。。もちろん、本州もあっづいですよ~(大泣)
by ひろころ (2010-08-31 10:31) 

Ranger

すごく素敵な夕空は、もう立派な秋の空
なのに、昼間の温度だけが出口を見失ってしまった迷子状態
お蔭で秋のカラッとした過ごしやすい気温が、ハイって来れないのかな^^;

先月ね、例の野菜やの撮影でバランを何種類か撮ったんだ
ボクの脳みその中のバランは、ビニールで出来て頭がギザギザに切ったやつ・・・^^;
うーん、流石だ こうして使うんだ^^
でもさ ばらんってホントにいい香りもするんだね

素敵な信楽焼きの容器に、香りの付いた青いばらん
そして、本場もののプチプチイクラとアオマスの燻製の身たちのちらし寿司
よだれが出そう^^;
あぁ~ おナスも美味しそうやし

・・・お腹すいてきた^^;
by Ranger (2010-08-31 10:48) 

massa

それにしても暑いですね。
週間天気予報(最高気温)を見るとぞっとします。
そちらも暑いようですね。
でも今年は北海道のとうもろこし(味来)が大きくてとっても甘いです。^^
猛暑のおかげなのでしょうか?

秋の味覚、どれもおいしそうです。
我家も昨夜は賀茂茄子を食べました。
お茄子ってホント油との相性がいいですよね。
油を吸い込むスポンジのようで恐ろしいですがやめられません。
by massa (2010-08-31 12:24) 

カエル

きれいな夕日ですね。うっとり。
夕日に出会えるチャンスって貴重ですよね。
刻一刻と空の色を変えていく夕日のシーン。
たまたま目をそらしていたらあっという間にそのシーンは見れない。

オカヒジキ、だーい好きなんです。
お野菜美味しそうだな〜。
by カエル (2010-08-31 12:27) 

kurako

すごい色の空ですね。
天気予報を見て、北海道の気温に驚きました。
さらに、日本全国で一番気温の低いのが西の果てって・・・(-"-)

私も昨日の夕食に茄子田楽を作りました。
農家から送っていただいた詰め合わせの中に、普通の茄子7本+水茄子4本。
冷蔵庫にもともと2本。
早く消費しなくちゃ!!と、旬の茄子を頑張って食べています(笑)

お料理の写真、どれも美味しそうです。
さすがですね^^
by kurako (2010-08-31 12:28) 

フサヲ

昨日は、あっつかったですねぇ(。><)!!
こちらでも、部屋を一歩出ますと、昨日までとは全く違うモワッとした空気に驚かされました(。--)
新しく、「金魚」、飼われたんですね~( ^ ^)  (サイドです)
涼しげで良いですね(。v v)σ゛
by フサヲ (2010-08-31 12:57) 

daisuke

まだまだ暑い日が続きますね
晴れ渡る空が恨めしい今日この頃です
ですがさっきこちらは大雨洪水警報が出たらしいです
何処から雨が降ってくるんだろうという感じですが^^;

どれもおいしそうなお食事ですね
器とマッチしている料理ってほんと美しくて食べるのが惜しくなります
綺麗だな~
アオマスってカラフトマスですよね
僕の今一番釣って写真に撮りたい魚です
北海道には沢山居るみたいですね
あの背の張った魚体 カッコイイんですよね

後少し残暑を我慢すればあっという間に秋冬が来ちゃいます
もう少し もう少しです
by daisuke (2010-08-31 14:01) 

YASH

日本の真ん中なのにたぶん一番の高温地域のこちらは、
盆明けから35~36℃が続いています。
日中の屋外は息苦るしささえ感じて、
深呼吸すると体の中が暖かく感じます…。

夏は暑いもんだと思ってましたが、もうそういうレベルじゃないです。
たまに夕方は秋っぽい空だったりするけど、全然涼しくならないんですよね。
台風でも来て、一気に空気を入替えてくれないかなー。

そちらも北国らしからぬ暑さなんですね。
ここへ来て体調など崩しませんように。
by YASH (2010-08-31 15:27) 

tasuchan

おお~これは奇麗なおまけの一品
じゃなくて夕焼けの残り火。
きれいなグラデーションですね。
by tasuchan (2010-08-31 17:23) 

green_blue_sky

料理はいつも素敵、食べたいぐらいです(;^_^A アセアセ・・・
北海道も暑いですね。千葉が暑いのは当然かも・・・
同じ暑さでも9月になるころの異常な暑さは身体にこたえますね。電車の中ではみんな寝ています(;^_^A アセアセ・・・
夕焼けがきれいですね。9月も暑そうなので熱中症にならないように気をつけましょう。
by green_blue_sky (2010-08-31 17:29) 

二兎丸

オカヒジキ大好きで、いつも婆ちゃんに頼んで植えてもらってたよ(>ω<)♪
ただ茹でて、醤油とマヨネーズで食べていたけれど、こうすると美味しそう!!
米ナスの田楽、この前二兎も作ったです。んまいですよね(Φ∀Φ)❤
このお皿、あのお皿の兄弟(?)なのね。つるんとしているからか、
大分表情が違う気がするです。
by 二兎丸 (2010-08-31 20:27) 

utuwa-seisyo

信楽もお盆が過ぎれば、例年は秋風が吹いておりました。
さすがに夜半は秋の虫も鳴くようになってきましたが、まだまだ暑うございます。
銀彩角皿、素敵ですね。
食用ほおずき?どんなお味なんでしょう~。ちょっと想像がつきません。
オカヒジキはその昔、畑で作っておりました。
味そのものはとくに特徴はないのですが、あのシャキシャキ感がたまりませ~ん。
それにしてもこの水色のうつわと具材の色の組み合わせ、絶妙ですね。
恐れ入りました^^

最後になりましたが、今月も盛りつけ有難うございました。

by utuwa-seisyo (2010-08-31 20:37) 

sasasa

本当に今年はもう9月に突入しようかというこの時期でさえ、
まだまだ暑いですよね。
本当に身体にこたえますよね。

by sasasa (2010-08-31 21:11) 

花火師

あまりの暑さに食欲も落ちる中、秋色のこの料理、美味しそうですね
確かに器もいい演出してますね
by 花火師 (2010-08-31 21:54) 

barbie

京都も日中は暑いです。でも大文字さんを過ぎると不思議に夜は涼風が吹きます。北海道の34℃は免疫がないから堪えるでしょ。
残暑というには余りに暑さ厳しすぎますがご自愛くださいね。
by barbie (2010-08-31 22:50) 

サクラ

ほんとに!
すっごくステキな空色。。
沈んでゆく陽を 穏やかな気持ちで見たいと思うほど。
そんな夏の終わりを おわりにはさせてくれない日々の気温(笑)
明日からの 9月も MORIHANAさんにとって
素敵な月になりますように。。。
by サクラ (2010-08-31 23:03) 

ぐーちゃん

北海道で34度! 長岡と同じですね……。
この高気圧をふっとばす装置はないものか?
バカなことを考えています^^;;
暑くても手間のかかったお料理、すばらしい!
カレーを食べたいと思いつつ、作れない嫁です。
天ぷらは一念発起したらできたから、
丸茄子の素揚げ、できるかなぁ?
オカヒジキがとても涼しげです♪
毛皮のお嬢さんは、お元気ですか?
by ぐーちゃん (2010-09-01 09:51) 

mire3030

私のお気に入りのお皿の中にも 油がしみ込んじゃうお皿がたくさんあります。
毎回水に浸しておいてから 丁寧に扱って 大切に使っているのですが
そういうことを知らない妹は そのままじゃんじゃん揚げものやマリネを載せて
見るも無残なことになっています。。。。 こういうのってどうにかもとに戻せるんですか??? ずっと水に浸けてみたけど ダメでした ><

茄子田楽のお味噌は 蕎麦味噌なんですね♪ おいしそう♪♪
この夏はあまり茄子がとれなかったので 茄子料理をしていません。。。
田楽食べたいな~~~ ^m^

葉蘭 うちにもあるんです♪
近所の寿司屋さんにも おわけしています ^^
敷くと雰囲気も色どりもグンとよくなりますよね☆

秋らしいお寿司 目で堪能させていただきました~♪
ごちそうさま~ ^m^

by mire3030 (2010-09-01 13:46) 

MORIHANA

ころりん>蕎麦味噌は、小樽でお気に入りの蕎麦屋さん「藪半」さんの
自家製で、店頭でお土産用としても売られています。
赤味噌に素揚げした蕎麦の実が入っていて、その食感が最高です。
今回は丸茄子を使いましたが、お豆腐や生麩の田楽にも。

隊長>ちょっと小じゃれたお寿司屋さんのカウンターでは、
お皿の代わりに葉蘭を一枚、そのまま長皿に見立てて使いますね。
あのギザギザの樹脂製の葉蘭のルーツは、お寿司屋さんの包丁技を
生かした飾り切りが原型かもしれません。
こうしたちょっとした緑のあしらいが、ご馳走感をぐっと高めてくれます。
我が家では和菓子用の笹の葉をキッチンに常備しています。
 
massaさん>茄子と油…禁断の組み合わせですが、やっぱりね、
はずせません。揚げるときに温度が低いと油を必要以上に吸い込む
ようなきがします。少し高めかな?と思う温度でさっと揚げると、
具合がいいようです。今年は暑いせいなのか、お茄子の出来がよく、
当たり外れなく、おいしいですね。…危険です。汗

カエルちゃん>昨日も夕焼け、キレイだったみたい。でも、出掛けていたので、
キロクには残せず。ザンネン無念。
オカヒジキ、豆腐か油揚げと一緒にお味噌汁の具にしてもおいしいです。
食べる直前にパッと汁に放すと色も鮮やかで、しゃきしゃきに。試してみてね。

kurakoさん>水茄子は、ひと口大にカットして、粗塩ふって軽く塩もみする
だけで、一夜漬けのようにそのまま、いくらでも食べられます。
お漬物を切らしたときも、パパッとつくれるので助かります(笑
去年は札幌でも豊富に出回っていたのですが、今年はあまり見かけず、
みずみずしい塩もみ茄子を堪能していません。

フサヲさん>なかなか、涼しくならないですねー。そっちも盆地だから、
暑いでしょ?この暑さのせいか、TENは涼しいところを自分で探して、
ドコででも寝るようになりました。熱帯アジアの山猫の血が濃いのか、
暑いほうが好きみたい。機嫌がすこぶる、良いんですよねぇ。
サイドバーの金魚、ずーっと見てても飽きません。時々出てくる黒い
出目金が可愛いのです♪ 簡単に張れるので、ぜひ、フサヲさんも
金魚飼い隊にご入隊ください (^ー^

daisukeさん>カラフトマスは、オホーツク、知床方面でよく釣れる
みたいです。こちらでは「セッパリ」とも呼ばれています。
産卵のため遡上するカラフトマスを狙って、河口付近にヒグマの
親子が集まる風景も、知床の初秋の風物詩になっています。
知床の玄関口で窯を開いている知人は、セッパリ釣りの名人です。
紹介しますので、いつかぜひ、お出掛けください。
by MORIHANA (2010-09-01 14:41) 

MORIHANA

YASHさん>札幌も連日、暑いですよ~。9月に入っても、30℃超えですもの。
寒冷地仕様の車で熱帯ジャングルを走るようなもの(いささか、大げさ?)。
早く、透明で乾いた秋風が家の中を吹きぬけるようになってほしいです。
そちらも猛暑が続いていますね。どうぞ、熱中症で倒れないよう、くkれぐれも
ご自愛くださいね。
 
tasuchanさん>夏もそろそろ終わろうかという頃になって、
ようやくキレイな夕焼けが見られるようになりました。
7、8月は曇りの夕方が続いていましたので。また、キレイに焼けたときに
写真を撮って、披露したいと思います。

greenさん>全国、ドコもかしこも暑くて、外猫さんたちにとっては受難の年ですね。
人は猫のように涼しい場所で1日中寝ているわけにはいかないので、
なおさら。9月も残暑が厳しいとの予報。体調を崩さぬよう、クーラーのかけ過ぎで
身体を冷やしすぎぬよう、気をつけてくださいね。

二兎ちゃん>オカヒジキのお浸し、色は悪くなりますが、ひと晩冷蔵庫で
休ませるとさらに冷たく、味が染みておいしくなります。
ウチにある蔦井さんの器は、この薄手の銀彩が多いの。ビックリするぐらい
軽くて、扱うのがちょっと怖いのです。もともと、画廊に勤めていたり、絵画の
世界を身近に暮らしていた方なので、うつわも独特の雰囲気を持っています。
アート的でいて、まっさらなキャンバスのような面もあって。
いつか、機会があったら、一緒に工房へ。きっと話が合うと思います。

正祥さん>いつもお世話になっております。
食用の鬼灯は、甘酸っぱいフルーツのようです。近年、北海道の
あちこちで生産されていて、料理のあしらいやお菓子の材料に使われています。
薄藍、吹き墨の鉢は、作家モノではなく、明治~大正期につくられた
骨董(古物)です。多分、有田か瀬戸あたりでつくられたものかと。とても
薄く、和食器にしてはシャープなフォルムが気に入って、20年くらい前に
清水の舞台から飛び降りる気分で買いました。その当時、1万円以上のうつわ
などは日常の買い物の範疇にはありませんでしたので。それでも、よっぽど
気になっていたのか、毎晩ヨソ様が買っていく夢をみて、慌てて買いに走った
のも、懐かしい思い出です。
 
ささん>早く、本来の9月の札幌の気候に戻ってほしいですね。
昼間もさることながら、明け方に暑くて眼が覚めるのが、こたえますもの。

花火師さん>食欲がないとき、暑くて料理に十分な手がかけられない時こそ、
うつわは良い仕事をしてくれます。極論ですが、デパチカやコンビニで買った
お総菜でも、お気に入りのいいうつわに盛りなおせば、ご馳走に見えますもの。

barbie姉さん>はい、完全寒冷地仕様の身体をもつ蝦夷っ子には、
想定外の夏、残暑です。いやはや、ジッとしていても汗がでるなんて。
あと2週間も我慢すれば、涼しくなるでしょうかね。その後、物凄いスピードで
寒くなって、雪が降るのかと思うとそれもまた憂鬱ですが。
どうぞ、夏バテ、暑気あたりしませんよう、ご自愛を。
 
サクラさん>夏の終わり…と感傷的な気持ちになるのは、例年は
お盆が終わる頃なのですが。今年は、まだまだ、そんな気分にならず、
心底秋を待ちわびています…。大阪も猛暑日の記録を日々更新しているとか。
お互いに想定外の残暑に打ち勝って、愉しいがいっぱい詰まった
9月になるよう、頑張りましょうね (^ー^

ぐーちゃん>丸茄子は、チンするだけ、焼くだけだと、モソモソ、ごそごそした
歯触りになって、美味しくありません。熱した油に投入し、表裏、ひっくり返して
居るだけでいいのです。温度は少し高めで。やってみてください。
田楽が面倒なら、麺つゆを伸ばしたたれを用意して、揚げ出しでもオイシイです。
TENは、前述の通り、涼しい場所を求めて家の中を移動し、ひたすら寝ています。

mireさん>一度うつわに油が染みたら、元に戻すのは難しいです。
醤油などの染みならば、漂白剤に漬けて、色を抜くことができるのでしょうが。
油は厄介ですね。作家さんによっては、焼き直すと染みがとれる場合も
あるよといってくれますが。試したことがないので、わかりません。

土のキメの違いらしいのですが、正統派の備前の土を使った焼締めは、
なぜか、染みがつきません。作家さんに言われて半信半疑で
試したら、本当にドレッシングの油なども平気だったので、最近は磁器と
同じ感覚で扱っています。

今はマンション住まいですが、もしも、何かの縁で戸建に住めることに
なったら、庭に楓や篠竹、南天、山椒、ハーブ類など、
料理の彩り、あしらいに使える植物をいっぱい植えたいと思います。
使うたびに、庭へ出て、必要な量だけ採ってくる。そんな暮らしに憧れます。
多分、思うだけで終わってしまうのでしょうけれど…。 苦笑

*ご訪問、niceをポチッと押してくださった方々、ありがとうございました。
by MORIHANA (2010-09-01 14:51) 

うに

今日から9月だというのに、まだまだ暑さが続きそうな…
脳みそも胃袋も、ちょいと故障気味です。(--;)
目から元気を、いつもありがとうございます。
はやく本格的な秋が来ないかにゃぁ。。
by うに (2010-09-01 16:35) 

ふゆん

9月なったけどまだまだめちゃあついー!
割烹モリハナうんまそお♡
味噌田楽のとこの実はほおづき?
お茄子にがてだけど素揚げすると食べられる♪
あくがぬけるとかあるのかな?


by ふゆん (2010-09-01 17:11) 

ナツパパ

ほんと暑い日が続きますね。
9月に入ったのにまだ30℃越えだなんて...信じられません。
こういう日々にはしっかりとした食事を、と思います。
野菜中心の食事、そして爽やかな器が素敵です。
by ナツパパ (2010-09-01 20:56) 

ヤヨ

MORIHANAさんのお料理のお写真を拝見していると
ちょっとした心づかいがどれほど料理を引き立てるのかということを
いつも考えさせられます。
彩りだったり、器選びだったり。
目にも美味しそうというのは、本当に大切なことですね。
毎日の食卓がぐっとぐっと楽しく美味しくなりそう。
↓加熱用のトマト、なんだかとても触れたくなりました。
↓↓tenちゃんの体毛の色は、ちょっと乾いた地面のような茶色が
すごく素敵です。
あ、そうだ!なすといえば、
このへんの特産品で「てんぐなす」という大きなナスがあるのですけれど、
大きいけど、ジューシーで美味しいなすなんですよ。
MORIHANAさんはどうお料理されるか、とても見てみたいです^^
by ヤヨ (2010-09-02 15:04) 

rinco

だめだ〜この時間なのにお腹が……。
by rinco (2010-09-04 02:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。